HOME
・・・キャンピングカーの自由で気儘な旅!一度やったらやめられませんね・・・(^_-)-☆
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!


平成29年5月、四国から九州一周の旅!

47度道府県キャンピングカーで完全宿泊制覇か!

<<  2017年のビデオファイル集は、こちら!  >>




◆◆ CAMP REPORT 2017
  平成29年に実施したキャンプ




メールはこちら!
お待ちしています。
[ MOTOR HOME PAGE ]
■■■ 2017年の、くるま旅日記 ■■■


47度道府県キャンピングカーで完全宿泊制覇旅!・・・P7(終)・・・

四国・九州・急ぎキャンプ旅 : 5月27日(土曜日) 〜 31日(水曜日) 帰宅するまで、


---MAP---
08日(月):東京発⇒東名⇒新東名⇒新名神⇒ハイウエイオアシス淡路島(泊)
‐‐‐1P‐‐‐
09日(火):うず潮クルーズ⇒徳島・眉山⇒うだつの町並み⇒ハイウエイオアシス吉野川(泊)
10日(水):大歩危小歩危⇒かずら橋⇒早明浦ダム⇒RVパーク⇒道駅:かわうその里((泊)
11日(木):四万十川下り⇒宿毛〜フェリー〜佐伯⇒道の駅:やよい(泊)
‐‐‐2P‐‐‐
12日(金):岡城址⇒石仏・滝観光⇒竹田⇒道の駅:阿蘇(泊)
13日(土):阿蘇神社⇒内牧温泉⇒草千里⇒高千穂⇒道の駅:日向(泊)
14日(日):青島⇒サンメッセ日向⇒鵜戸神宮⇒飫肥城址⇒都井岬⇒道の駅くにの松原(泊)
‐‐‐3P‐‐‐
15日(月):鹿屋航空記念館⇒佐多岬⇒桜島⇒道の駅:垂水(泊)
16日(火):霧島⇒えびの高原⇒鹿児島⇒磯庭園⇒道の駅:喜入(泊)
17日(水):知覧⇒指宿⇒池田湖⇒開聞岳⇒指宿・砂むし会館⇒道の駅:指宿(泊)
‐‐‐4P‐‐‐
18日(木):釜蓋神社⇒坊津・賢島⇒黒瀬杜氏の郷⇒野間崎・吹上浜砂の祭典⇒吹上公園(泊)
19日(金):市来⇒樋脇⇒だんだん市場⇒長島周遊⇒曽木温泉⇒RVパークいさ曽木の滝(泊)
20日(土):球磨川下り⇒天草五橋巡り⇒上島・下島周遊⇒道の駅:有明(泊)
‐‐‐5P‐‐‐
21日(日):通詞島⇒富岡城址⇒大江教会⇒牛浦⇒道の駅:不知火温泉センター(泊)
22日(月):熊本市内観光⇒宮本武蔵⇒雲仙温泉⇒道の駅:みずなし本陣ふかえ(泊)
23日(火):島原城址・武家屋敷⇒軍艦島資料館⇒野母崎⇒なごみSPA⇒道の駅:長崎街道(泊)
‐‐‐6P‐‐‐
24日(水):グラバー邸・平和公園他⇒有田・伊万里焼資料館⇒RVパーク有田温泉(泊)
25日(木):ハウステンボス⇒平戸島⇒伊万里温泉⇒道の駅:伊万里(泊)
26日(金):鷹ら島・モンゴル村⇒名護屋城⇒呼子⇒立神岩⇒唐津城址⇒道の駅:厳木(泊)
‐‐‐7P‐‐‐
27日(土):吉野ケ里遺跡⇒太宰府天満宮⇒宮地嶽神社⇒宗像大社⇒道の駅:西の市(泊)
28日(日):刈谷ハイウエイオアシス⇒新東名:長篠設樂原PA(泊)
29日(月):同発⇒中伊豆(泊)
30日(火):31日(水): 同発⇒東京の自宅着

Page-Top


■■■ 2017年5月27日(土曜日)・・・今日も快晴・・・ ■■■


AM 07:00 快晴 ・・・ やはり、少し無理してでもこの時期に来て良かったです。今回の旅行、お天気には恵まれました。

歴史ある街道や道の多い九州の道の駅は、国道サイドにある所が多く、何処も道路を走る車の騒音があります。
車中泊ポイントとしては必ずしもベストではありませんし、正直ここはいいよ!と言ってお勧め出来る道の駅は今迄殆んどありませんでした。
私は眠り薬をたっぷり頂きますので大丈夫ですが、ここ、「道の駅:厳木」 も例外ではありません。
我が家のカミさんの実家は中伊豆にあって、兄と妹が交代で面倒をみている年寄りが一人居るんですが、昨夜、その実家から電話があり、来週には来て欲しいとのことらしいです。これから福岡県と大分県の北部を観光するつもりでいますが、少々早回ししないといけません。
これからは出来るだけ高速を使おうと、本日は隣の牧瀬インターから高速に入ります。厳木多久有料道路、長崎自動車道と乗り継いで、東背振インターで降りれば 「吉野ケ里遺跡」 はもう目と鼻の先です。


AM 08:45 快晴 ・・・ 丁度いい時間です。「吉野ケ里遺跡公園」 開園少し前で、入場待ちのゲートから3台目です。

吉野ケ里遺跡公園にやって来たのはいいんですが、約103ヘクタールという 「吉野ケ里遺跡公園」 のいったいどこから入るのか、車はどこへ置くのが一番いいのか皆目分かりません。横に居る助手は当てに出来ないので、とりあえず案内表示に従って行くしかありません。
どうやら国道385号の入り口から入る東口の歴史公園センター前の駐車場に入ってきましたが、ここで正解の様です。

 


パンフレットを頂いて分かりましたが、駐車場と入り口はそれぞれ私達が駐車した東口、北口、臨時口、西口とあり、私達が駐車した東口がメインゲートの様です。遺跡公園は、田手川という川の西側一帯に、ほぼひょうたん型に広がっています。


 


職員の人の話によると、元々この辺りに遺跡があるという事は以前から分かっていて、なかなか開発が進まなかったらしいです。一大農産物供給地にしようとか、工業団地にしようとかの話の内に調査が始まって、あれよあれよという間にあちらこちらから続々と貴重な遺跡が見つかてしまったと云うのが経緯の様です。



「吉野ケ里遺跡」 は、弥生時代の遺跡ですが、その歴史は700年と、長きに渡る様です。中国で云えば丁度三国志の時代、紀元を跨いだ壮大な時代です。この時代は私も好きな時代ので、詳しく説明していますと幾らでも書き出してしまいそうですから、詳しい情報の欲しい方は 「吉野ケ里遺跡のホームページ」 や、「魏志倭人伝」 をご覧下さい。







広〜い吉野ケ里遺跡、手入れも大変ですね。歩くと半日掛かります。MP4
広〜い吉野ケ里遺跡、手入れも大変ですね。歩くと半日掛かります。WMV
9時に入って出たのが12時ですから、丁度3時間歩きました。
「吉野ケ里歴史公園」 の中は、だいたいゆっくり歩いて3時間という事ですね。
お昼はメインゲート脇のレストランで、私はニ×八蕎麦の天ざるを頂きましたが、これがもう私好みの細切りのサッと茹でで、絶品!でした。カミさんの注文した和牛のハンバーグも、少し食べさせて頂きましたが美味しかったです。・・・(^ _ ^ ) V


PM 13:30 晴れ ・・・ さあ〜!午後からは、福岡の神社を巡りです。

という訳で、神社巡りのスタートは、ここから約40キロ!菅原道真公の墓所の上に社殿が立つという、「太宰府天満宮」 からです。
先ずは先程の東背振インターまで戻って再び長崎自動車道に乗り、鳥栖ジャンクションで九州自動車道に乗り換えて、太宰府インター迄行きます。インターを降りたらいくらも距離は無いので、4〜50分でしょう。

13:10分、現着しましたが、今日は土曜日ですから、さすがに一流の観光地は混雑してます。御笠川の横に広がる 「太宰府天満宮」 の駐車センターは、数百台は駐車出来る大きさですがほぼ満車です。前払いの駐車料金を払うと、そのまま真っ直ぐに参道に向かいます。
観光バスが数台止まってましたので、いるかな?と思いましたが、西鉄太宰府線の太宰府駅を右手に見て、最初の鳥居をくぐりった頃にはそのやかましい団体の真っ只中に入ってしまいました。やれやれ、ここでもか〜!


PM 15:00 晴れ ・・・ 次は、何事にも打ち勝つ開運の神!「宮地嶽神社」 です。

「太宰府天満宮」 の参拝を終え、再び九州自動車道に入ります。「宮地嶽神社」 までも約40キロ!古賀インターで降りて国道3号線を行きますが、ルートが難しいのでここでもスマホの言いなりです。大きな無料駐車場がありましたので、助かります。
御祭神の息長足比売命(神功皇后)は十四代仲哀天皇の后で応神天皇の母君にあたられます。古事記・日本書紀などには渡韓の折、この地に滞在され、宮地嶽山頂より大海原を臨みて祭壇を設け、天神地祇を祀り 「天命をほう奉じてかの地に渡らん。希くば開運をた垂れ給え」 と、祈願の上船出したとあります。



1700年前の創建の、全国に鎮座する 「金成・開運の神:宮地嶽神社の総本宮」 で、この神社には、長さ 11m、直径 2,6m、重さ 3t、の大注連縄、直径 1,8m、重さ 450kg、の大鈴、直径 2,2m、重さ 1t、の大太鼓と、三つの日本一があります。
また、神社の裏手には、1番社:七福神社、2番社:稲荷神社、3番社:不動神社、4番社:万地蔵尊、5番社:恋の宮、6番社:三竈大荒神、7番社:水神社、8番社:薬師神社と、八社巡れば大願成就!という 「奥の宮八社巡り」 があります。たいして時間は掛かりませんので、ぜひお詣りして下さい。
 


また、上の写真は年に二度、夕陽と神社、海岸と相之島が一直線で結ばれるそうです。
その日に合わせて宮地嶽神社では夕陽の祭が開催され、ご祖先様が坐します彼の世と、この世が一直線に繋がる日として大切にされてきました。夜には願い事が書かれた約3千本の竹灯に、ご神火が灯されるそうです。
私はこの御祭礼に来たことがありませんが、以前勤めていた会社の初詣は、毎年この神社でした。


PM 16:30 ・・・ 本日最後の参拝地は、「宗像大社」 です。

「宮地嶽神社」 から 「宗像大社」 までは、約10キロ!です。釣川の土手横と、正面に駐車場があります。
「宗像大社」 とは、天皇の祖先神である 「天照大神」 の御子神である三女神、沖津宮・田心姫神、中津宮・湍津姫神、 辺津宮・市杵島姫神、この三宮を総称して 「宗像大社」 と申します。
それぞれ、沖ノ島、大島、九州本土にあり、日本書紀には宗像三女神が道主貴、すなわち国民のあらゆる道をお導きになる最も尊い神として崇敬を受けていたことが、記されているという。

カミさんの実家からお呼び出しも掛かってますし、ほぼ九州は一周しましたので、ここ、「宗像大社」 を以て、本日最後、いや!九州最後の観光を終了し、帰途に就くことにします。
いや〜!甘く見てました。日程が全然足りません。贅沢を言えば二か月、いくら急ぎ旅とはいえ3週間では全然足りません。
次回またチャンスがあったら、また違うルートで九州の旅を楽しみたいと思います。


PM 18:30 晴れ ・・・ 地元祭りに誘われて、「道の駅:蛍街道西ノ市」 です。

釣川沿いに県道を遡り、若宮インターから九州自動車道に入り、関門橋を越えて中国自動車に乗り換えて、小月インターで下ります。クロスする国道491号を左折してすぐの所に 「道の駅:きくがわ」 があります。
この道の駅に隣接併設の温泉はありませんが、ここから歩いて行ける所に 「菊川温泉」 があります。「宗像大社」 を出てから約90キロ、本日はここに車中泊しようと思います。
トイレを借りた後、情報収集しようと駅舎に入りチラシを見ていると、少し先に温泉併設の 「道の駅:蛍街道西ノ市」 という所があるらしい。それに、ナンと 「日本初のホタル舟」 が出ているらしい。
らしい尽くしだが、これはもう行ってみるしかないと、「日本初のホタル舟」 の看板に誘われて、「道の駅:蛍街道西ノ市」 迄やって来てしまいました。
ところが、駐車場がえらく混んでますし、入場する車が右折侵入左折侵入ともに並んでます。並んでいるとなると、何かいいことがあるに違いないと思うのが人情というもので、しばし我慢の子で待ってました。
やがて、交通整理しているガードマンの人が 「大型のスペースが空いたからどうぞ〜!」 と、向こうで呼んでいる。普通車のスペースにバスコンやらアメリカンモーターホームが無理して入っているのに、大型スペースには我が家ともう一台ボンゴベースのキャンカーがポツンと止まってます。
ナンかいい〜いのかな〜!と、思いながら、カミさんに早速 「日本初のホタル舟」 の様子を聞きにいってもらった。
まっ、結果、ホタル舟は来月からという事らしいんですけど、ナンで混んでいるかというと、今日は地元自治体主催の村祭りという事らしい。
そうだったのか〜!と、混み合っている原因は分かりましたので、まっ、とりあえず道の駅に併設している温泉に入ることにした。
湯上りに、直売所をのぞいてみると、今日はお祭りのために遅くまでやっているし、もう時間が時間なので見切り特売のお寿司なんかが正札の半値で売っている。
夕食はレストランでと思っていたが、混み合っているので丁度良かった。お寿司や惣菜を仕入れてキャンカーで夕食にしようと思う。


PM 19:30 晴れ ・・・ やはり 「道の駅:きくがわ」 に戻って来ました。

キャンカーに戻り、夕食にしようと支度を始めたんですが、まだまだ駐車場の出入りが激しいし、窓を全開にしているので周りを歩いたりしている人達の声やらナンやらお祭りだからガヤガヤ喧しいんです。「戻るか〜!」 と、カミさんも二つ返事で先程の 「道の駅:きくがわ」 に、カンバックしました。
本日の走行距離は、131キロでした。
Page-Top


■■■ 2017年5月28日(日曜日)・・・快晴・・・ ■■■


AM 08:00 快晴 ・・・ こっちで正解! 「道の駅:きくがわ」 です。

昨夜は、賑やかすぎる道の駅に行ってしまい、慌ててここに場所を変えましたが、どうやら正解だったようです。
正解の理由は、下の写真の産直市場で、おそらく地元農家が農協やスーパーへ農産物を出荷する際にハネだした物などをここに持ち寄っているのだと思う。
カミさんに言わセルと、小ぶりの実ばかりのラッキョウとか、さやの中身が一粒ばっかりのそら豆だったり、輪のように曲がったキュウリだとかが多い様ですが、味に違いはなく新鮮でとにかくバカ安いそうだ。


我が家もこのまま帰るのなら、大量に仕入れて行くのですが、これからカミさんの実家へ行きますので、農産物は要りません。まっ、それでも実家で作っていなさそうな野菜を数点仕入れて、出発です。


PM 18:00 晴れ ・・・ 本日の温泉は、「刈谷ハイウエイオアシス」 です。

朝、山口県下関市の 「道の駅:きくがわ」 を出て、小月インターから中国自動車道に入り、山陽自動車道〜中国自動車道〜名神高速道〜新名神高速道路〜国道1号線〜豊明インターから伊勢湾岸自動車道に入る。
ひたすら走ること9時間、燃料は朝一で68L、夕方に54Lと、途中2回給油して、我が家が関西ルートを旅する時に必ず寄る伊勢湾岸道路の 「刈谷ハイウエイオアシス」 に到着しました。
しかし、本日は日曜日ということで、SAの駐車場が超〜満車状態!です。ぐるぐる回ってやっと一台分の空きスペースを見つけました。
SAに併設の 「天然温泉:かきつばた」 に入って汗を流しましたが、レストランはどこも超満員です。仕方なく本日の夕食はハンバーガーという事になりました。この超満員の駐車場では仮眠できないので、一息入れてもう少し静かなPAのある処まで走ります。


PM 20:00 晴れ ・・・ 今夜はここ、「新東名:長篠信楽原上りPA」 です。

伊勢湾岸道路の 「刈谷ハイウエイオアシス」 出てから1時間ぐらい走って、「新東名:長篠信楽原PA」 でカミさんにタオルを投げられました。私は中伊豆まで行くつもりだったんですが、「急ぐことないから〜!」 と、ストップをかけられました。
まっ、このPAはテレビもよく映るので、ゆっくり晩酌タイムがもてます。お疲れ様でした。
本日の走行距離は、834キロでした。
Page-Top


■■■ 2017年5月29日(月曜日)・・・晴れ・・・ ■■■


AM 08:00 晴れ ・・・ 「新東名:長篠信楽原上りPA」 出発です。

昨夜、私は中伊豆まで行くつもりだったんですが、「急ぐことないから〜!」 と、引き留められたので、本日は残りの約200キロ、2時間半位のドライブでしょうか。
今週は、これからカミさんの実家で2泊3日過ごして、水曜日に帰る予定です。
帰ったら、週末金曜日には 「61回:タコスキャンプ」 で、韮崎まで行かなくてはならないので、これでも結構忙しいんです。
お天気の様子を見て、この泥だらけのキャンカーと自転車を洗わなければいけませんし、歯科・眼科・内科の各先生方に、月一回の健康報告と、ご挨拶をしないといけません。
それでは、週末にまたお会いしましょう。

つまらないレポートを長々とお付き合い頂きましたが、九州を旅するなら5月の連休明けから、梅雨前のひと月が勝負!と、思い切って出掛けました。もしも皆様が九州方面へお出掛けの時に、このレポートの情報が少しでもお役に立てれば幸いです。
ご参考までに、今回の旅の平均燃費はL/約6kmで、全走行距離は4719km 、燃料消費量780L、
燃料代(レギュラーガソリン)の合計が103,939円で、最安値:L/120円〜最高はL/145円という所があり、平均価格は133円でした。

前の6ページへ 地図のある最初のページに戻る! お疲れ様でした。最終ページです。
Page-Top



 キャンプレポートのメインメニューへ! 順路⇒ 61回タコスキャンプレポートへ! 
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!

[ MOTOR HOME PAGE ]  http://www.motor-home-page.com  /  SINCE 1997 Copyright by Katsumi Horiguchi all rights reserved