HOME
・・・キャンピングカーの自由で気儘な旅!一度やったらやめられませんね・・・(^_-)-☆
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!


平成27年7月、いつものターキーズハウスで、ピザキャンプ!

<<  2015年のビデオファイル集は、こちら!  >>




◆◆ CAMP REPORT 2015
  平成27年に実施したキャンプ




メールはこちら!
お待ちしています。
[ MOTOR HOME PAGE ]
■■■ 2015年7月の、くるま旅日記 ■■■


CAMP REPORT 2015

7月17日(金曜日) 〜 7月20日(月曜日:海の日) の3泊3日

場所はいつものターキーズハウス、集合したのは4家族だけでしたが、8.5人と5匹のメンバーで、楽しくて、美味しくて、そんでもって、の〜んびりした夏休み第一段!暑っちい!キャンプでした。

※ Windows と、Android の方はWMVで、Apple-Mac と、iPhone の方はMP4でね。

溺れてなんかいないよ〜! MP4
溺れてなんかいないよ〜! WMV
Page-Top



■■■ 2015年7月17日(金曜日)の、くるま旅日記 ■■■


PM 21:00 ・・・ なんとか出発です。

いや〜!梅雨が明けたんだか?明けないんだか?台風が来るんだか?来ないんだか?良く分からないまま、週末になってしまいました。
キャンプの楽しさの半分以上は、お天気が左右する!と言っても過言ではないでしょう。
お天気が悪かろうが良かろうが、どちらにしても行くんですが、それでもい〜お天気の方がい〜!に決まってます。
ヤキモキしながらキャンプの準備を終えて、出発出来たのは午後9時でした。
今日の集合場所は 「富士川のSA」 ですので、この時間ならナンとか今日中には現着出来ることでしょう。
出発してから今回の同行メンバーのコマッチに連絡すると、どうやら1時間遅れぐらいのスタートになった様です。


PM 23:00 ・・・ 富士川SA に現着です。

ナンと言っても本日は、夏休みに入った最初の3連休ですから、明日の朝出発していたら大渋滞に巻き込まれるのは火を見るよりも明らかです。まして、朝一番で買い物をしてから出発しようなどと思っていたら、いったい何時にキャンプイン出来るか分かりません。
ガラガラに空いている東名を90キロ前後の巡航速度で我が家から丁度2時間、「富士川のSA」 に到着しました。
ここで地元富士市在住のヒデちゃんにコールです。ここらら程近いので、「着いたよ〜!」 という声を聴いてからでも充分間に合います。


PM 23:30 ・・・ 小松家、一時間遅れで富士川SA に現着です。

ナンと早いことでしょう。さすが、2700CCのエンジンは伊達じゃない!・・・(^_-)-☆
ここ 「富士川のSA」 は、「道の駅:富士川楽座」 と合体している珍しい施設でして、おまけにスマートインターにもなっています。
という訳で、明日の朝までは、我が家と小松家と、ヒデちゃん家とは上と下というか、SAと道の駅に分かれての仮眠になります。まっ、後で良〜く考えたら、スマートインターで降りて道の駅に移動しても何の問題も無かったんですけどね。・・・(^_-)/V
Page-Top



■■■ 2015年7月18日(土曜日)の、くるま旅日記 ■■■

AM 07:00 ・・・ むぅ〜!として、気持ちのあまり良くない朝です。

上左の写真、右が我が家、左が小松家のキャンカーですが、ここはキャンプ場ではありません。
富士川のSAです。ここの場所は、あまり教えたくないんですけど、同じSAの中でも比較的静かに寝られるところです。

おまけに、公園が隣接していて犬の散歩コースに丁度いいし、専用の綺麗なトイレもあります。皆様もこちらに来られた節は是非どうぞ。


AM 09:00 ・・・ 道の駅:富士川楽座

さて、富士川SAのスマートインターから出て、上りの東名のSAに隣接する道の駅の方に移動してきました。
先ずは朝食です。ここの道の駅の名物はナンと言っても桜エビやしらす等の海産物ですね。私はここの3階にある 「まる鮮食堂」 の桜エビの掻き揚げが大好きで、ここに来るといつもご馳走になります。・・・(^_-)-☆
朝から旺盛な食欲見せた愉快なご一行様は、食後にも拘わらず2泊3日のキャンプ中に何を作って食べようかと、熱い議論を戦わしている。
一息入れると同じく3階の外にあるイベント広場にやって来ました。
本日10時から、「生みたて卵10個:¥100円」 というサービスがあるという情報をヒデちゃんが仕入れてきました。しかも、トイレットペーパー一個と夏野菜の詰め合わせがセットになっているという大盤振る舞いです。
先着100セット限り!という事でしたが、あっと言う間に数百人の行列?になってます。
大人6人と無理やり悠夏まで30分以上暑い中並ばせて、計!卵70個にキュウリ14本、その他茄子にピーマンと、大漁でした。

で、活躍した悠夏ちゃんのご褒美は、かき氷です。


PM 12:00 ・・・ やっと、TURKEY's HOUSE に現着です。

キャンプ場へ行く途中にある 「スーパー:ポテト」 に寄って、今回のキャンプの食材を仕入れて行きます。
今回予約したサイトは3っつ、チョット狭いですが、雨が降ろうが雷が降ろうがゲリラが降ろうが絶対にに負けない!最強のキャンプサイトが出来上がりました。お疲れ様でした。・・・(^ _ ^ ) /▼・・・乾杯!
お天気の方は、どうやら、晴れたり曇ったりですが、まずまずのキャンプ日和でしょう。カナ・カナ・カナ・カナと、セミがうるさい!


PM 17:00 ・・・ 今夜は定番の、BBQパーティーです。

写真の登場が遅くなりましたが、上左の写真が今回ゲットした ¥100円のセットで、これが7セットあります。・・・(^_-)-☆
 

ターキーズハウスも今回は貸し切り?かと思う程、暫く誰も居ない状態が続きましたが、午後三時を過ぎると続々キャンパーが集まり始め、五時には全サイトが埋まりました。
江ノ電やバンガローにもお客さんが入り、狭いキャンプ場はあっと言う間に満員御礼となりましたが、私達以外は全員テントキャンパーで、本日、キャンピングカーで来ているグループは、私達だけです。
そのお客さん達の車のナンバーを見ると、ナンとびっくり!ぜーんぶ品川ナンバーでした。・・・(*_*)
夕方になると、ヒデちゃん家の長男夫婦とカスミンも合流し、賑やかにバーベキューパーティが始まりました。
コマッチ提供の、一泊では呑み切れない 「純米大吟醸の真澄」 も、二泊する今回のキャンプではナンとか呑み切れるでしょう。
お疲れ様でした。・・・(^ _ ^ ) /▼・・・乾杯! 
Page-Top



■■■ 2015年7月19日(日曜日)の、くるま旅日記 ■■■

AM 08:00 ・・・ 豪華版ですね。これが一人前の朝定食(ヒデちゃん用)です。

ここ、ターキーズハウスは、富士川の支流福士川の深い渓谷の中にありますが、標高はそれ程高くありませんので、真夏のキャンプ場はは高原の様に涼しいかい?と聞かれると、いや!それ程涼しい所ではありません。
しかしながら、いつでも泳げる川がすぐ横を流れてますし、沸かしですが貸し切り出来るお風呂もあります。道路沿いにありますが、夜は車が通る道ではありませんので、とても静かです。
という訳で、昨夜は旨い日本酒独特の心地良い酔いに包まれて、ぐっすり眠れました。
さて、今日の朝食はご覧の様に和食です。
左の写真の朝定食ヒデちゃんバージョンを説明しますと・・・
鯵の開き、オイキムチ、烏賊の一夜干し、目玉焼き、味噌汁にどんぶり飯、これがヒデちゃんパワーの源です。
写真を見てお分かりの様に、干物の頭と烏賊の足がありません。ヒデちゃん仕掛けの鰻デボのエサになってます。


PM 12:00 ・・・ ターキーズ名物のピザパーティー!

ここでちょっと手違いがありました。
夏休みに入って初めての三連休!ということでキャンプ場は超満員状態なんですが、このキャンプ場独特のサービスであるピザ焼サービスを殆どのキャンパーが頼んでいるらしく、「ゴメン〜ね!昼も夜も窯の開く時間が殆どない!」 って言われてしまいました。
という訳で、「それじゃ〜!」 と、我が家のキャンカーに積みっぱなしになっていた上右の写真の道具が登場した訳なんですが、キャンプ場にナンとか生地だけ用意してもらい、焼き上げは自前で!ということになりました。
まっ、結果はこ欄の通り!上手に出来ました。今回は、一次発酵直後の柔らかい生地を使いましたのでトレイに入れて焼き上げましたが、市販の生地を使えばそのまま直に焼けると思います。次回のタコスキャンプでも、ご要望があれば焼きますよ〜!


PM 14:00 ・・・ あまりの暑さに狂ってしまった。

 
☆・・・
あまりの暑さに耐え切れず、思わず川に飛び込んでしまった中年オヤジが二人いた。・・・(*_*)
☆・・
あまりに楽しそうなキャンプレポートを見て、思わず家を飛び出してしまった中年キャンパー夫婦がいた。・・・(^_-)-☆
☆・・・
夏休みですから〜!

※ Windows と、Android の方はWMVで、
・・・・・・・Mac と、iPhone の方はMP4でね。

溺れてなんかいないよ〜! MP4
溺れてなんかいないよ〜! WMV


PM 17:00 ・・・ 今夜は、ソース二度付け禁止!の串揚げパーティーだい!

川遊びで冷えた体をお風呂に入って温めたらいよいよ!晩御飯です。
ドタ参で、羽村からデイキャンプに来たキャンプ大好き夫婦も飛び入り参加で楽しい晩餐の開始です。


メインの大串は、今回のキャンプ唯一の子供参加で寂しい思いをしている悠夏ちゃんと作ろうと思っていたコロッケです。
普通のコロッケではありますが、串(割り箸)が、刺さっているのが今回の工夫です。・・・(^_-)-☆
他の材料は、海老、烏賊、牛肉、手羽中、椎茸、ピーマン、しし唐、茄子、ジャガイモ、カボチャ、等々・・・
油の温度が下がらない程度にどんどん揚げてゆき、その揚げたてをふうふういいながら食べます。これはもう、アウトドアならではのたまらない美味しさです。
羽村からデイキャンプに来たキャンプ大好き夫婦も息子達の許可が下りたらしく、急遽お泊りに変更です。
キャンプに来なかった人達は・・・
何言われてるか分かりません・・・
お疲れ様でした。・・・(^ _ ^ ) /▼・・・乾杯!
Page-Top



■■■ 2015年7月20日(月曜日:海の日)の、くるま旅日記 ■■■

AM 080:00 ・・・ 朝食は定番、野菜サラダとお好み具材サンドです。



AM 10:00 ・・・ もはや原住民化している!っていわれてしまった二人です。


PM 12:00 ・・・ お昼だよ〜!

超満員だったキャンプ場も、朝ご飯を食べ終わると皆さんお帰りになってしまい、再びターキーズは貸し切りになった。

いつもの様に長っ尻の我がグループは、しっかり!バッチリ!お昼までキャンプします。・・・(^ _ ^ ) /▼・・・乾杯!

コマッチが、「夏はやっぱり冷やし中華でしょう!」 と、リクエストした、具だくさんの冷やし中華!うまそ〜!でしょう。
でも、チョット麺が足りなかったなぁ〜!これまた失敗!・・・(^_-)-☆


PM 14:00 ・・・ 記念の集合写真を撮ったら、解散だよ!

いや〜!2泊3日のキャンプで車から出した道具も多いので、少しづつ片付ながらキャンプしていたつもりですが、片付けはた〜いへん!構わず出したキャンプ道具をぜ〜んぶ仕舞い終わったら、もう汗びっしょりのヘロヘロです。まっ、でも写真の顔は満足しているいいお顔でしょ。


PM 15:00 ・・・ 帰り道、再び 「道の駅:富士川楽座」 にやって参りました。

終わってみれば、あっと言う間の2泊3日のキャンプでしたが、今回は食べて遊んでとても楽しかったです。
ここ、行きに立ち寄った 「道の駅:富士川楽座」 で、先日は沖縄の道の駅の人達が沖縄物産の出張販売会をやってまして、その時買ったポキポキ折って食べるスナックパインがキャンパー仲間に評判でした。
ぜひお土産に買って帰りたい!というので、再度道の駅にやって参りましたが、残念〜!同じ物はもう売り切れてしまい、残ってなかったようです。
まっ、でも混み合う駐車場に苦労して停めて折角きたんですから、おやつにかき氷や名物のコケモモのソフトクリームでもたべていこうかね〜!
って、思っていたら・・・富士宮焼きそばを食べている人や、名物のB級グルメのおこたまを食べている人もいる。・・・(^_-)-☆
という訳で、やはりお昼が少し足りなかったかな?・・・(*_*)
お土産のスナックパインがゲット出来なかったので、もう少し買い物がしたい!というご要望にヒデちゃんか答え、「本当は、教えたくなかったんだよぅ〜」 と言いながら、いつもキャンプの食材を仕入れる地元の安売りスーパーへ案内してくれました。
「黒ハンペンも、富士宮焼きそばも、いつものキャンプの食材の価格がばれちゃうから、連れてきたくなかったぁ〜!」 って言っても、もう遅い!本当に、このスーパー超激安です。まっ、場所の掲載だけはしませんから〜・・・(^_-)/V


PM 20:00 ・・・ お土産披露会!

夕方まで富士市に居たもんで、覚悟はしていたんですが、帰りは地獄の大渋滞です。愉快な皆様は無事に全員帰宅して夕食になったのが8時位だったですかね。チョット炙った黒ハンペンや富士宮焼きそば、如何でしたか〜!
今回参加出来なかった皆様、次回の夏休みキャンプの第二段!は、さらに楽しい川下りやバレーボールが待ってます。
それまで頑張って仕事して、風邪などひかないで下さいな!
それではまた、キャンプサイトでお会いしましょう。
Page-Top



 キャンプレポートのメインメニューへ! 順路⇒ 2015年、夏休みのキャンプレポートへ! 
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!

[ MOTOR HOME PAGE ]  http://www.motor-home-page.com  /  SINCE 1997 Copyright by Katsumi Horiguchi all rights reserved