HOME
・・・キャンピングカーの自由で気儘な旅!一度やったらやめられませんね・・・(^_-)-☆
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!


平成28年1月の、愉快なスキー合宿レポート!

<<  2016年のビデオファイル集は、こちら!  >>




◆◆ CAMP REPORT 2016
  平成28年に実施したキャンプ
  01月 年越でスキーキャンプ!

■■■ 2016年の、先ず第一段! ■■■


とっても愉快なスキー合宿 in 小淵沢

平成27年12月29日(火曜日) 〜 平成28年1月2日(土曜日)
4泊5日の年越しキャンプでした。



2015年〜2016年:とっても愉快な年越しスキー合宿?MP4
2015年〜2016年:とっても愉快な年越しスキー合宿?WMV
※ Windows と、Android の方はWMVで、Apple-Mac と、iPhone の方はMP4でね。
Page-Top



■■■ 2015年12月29日(火曜日) ■■■


お気を付け下さい。歳をとるに従って、一年なんてあっと言う間に過ぎ去ってゆきます。
ついこないだ土肥温泉で年越しキャンプをした様な気がしますが、もう一年経ってしまいました。(^_-)-☆
その年越しキャンプも、土肥温泉の 「さざ波キャンプ場」 で二年続けてやって、少々めげたり飽きたりしたことも事実なんですが、あの場所独特の強い浜風にメンバー全員へこたれてました。会長のお誘いで 「道の駅:白沢」 で忘年会に行った折、「そんなこんなの事情で、土肥温泉での年越しキャンプは今年は中止にしま〜す。各自で好きな様にお正月をお過ごし下さ〜い!」 という事になったんです。
ですが、年も迫った頃、「どうしてもスキーキャンプに行きたい!」 というコマッチの強い希望により、急遽 「スキーの出来る所?での〜んびりお正月を過ごそう!」 という事になりました。
とはいえ暖かい年末の影響で、何処のスキー場も雪不足の様子です。何処のスキー場でも降雪機をフル活動させてやっと三十数センチの積雪を保っている様な状況です。「まっ、行くだけ行けば、雪遊びぐらいはどうにか出来るんじゃないの?」 という事で、いつも利用している小淵沢のログハウスに集合することになりました。


スキー合宿は、12月29日(火曜日)の夜、集合です。

我が家のお正月休みは26日の土曜日からお正月の3日(日曜日)までの9日間です。
例によってカミさんの実家で餅搗きをしますので、我が家は皆様より一足お先に27日の日曜日から出発します。
カミさんの実家で2泊3日、昭和元年生まれの卒寿を迎えた曾婆さんに親孝行をして、29日(火曜日)の午後、小淵沢に向け出発します。
伊豆からのルートですが、先ずは中伊豆から修善寺道路に大仁南ICから入り、伊豆中央道・伊豆縦貫道を経て新東名へと向かいます。新東名で富士川を越え、新清水ICで高速道路を一旦降り、一般国道52号線(富士川街道)をひたすら北上します。
南部町・身延町・八日市場と走り、甲西バイパスに入って 「道の駅:富士川」 の看板が見えて来た辺りで中部横断道に増穂ICから入ります。中部横断道から中央道・双葉JCT、そして小淵沢ICと、3時間半から4時間ぐらいの行程だったでしょうか、もう少し早く着くつもりだったんですが、現着すると、もうすっかり日が暮れてしまいました。
今回のスキー合宿のメンバーは、清水家・指宿家・小松家・宮田家・そして我が家の5家族です。私も30年ぶりにしっかり道具を揃えて準備万端、楽しみにして来ています。しかし、雪がお天気任せとはね〜! 何とか気温が下がってくれるといい〜んですが、今夜のこの気温では降雪機の吹き出す霧が雪に変わるかどうかギリギリの気温でしょうね〜!・・・(^_-)-☆

本日29日、仕事納めをしてから慌ただしく夕方出発すると云うコマッチ家とイブさん家は、LINE連絡で先程、談合坂を過ぎた辺りを走っているという一報が入ってます。
ざっと掃除機をかけて薪ストーブに火を入れて部屋を暖めて、宴会用の炬燵テーブルをセッティングして、どうやら皆さんを迎える支度は間に合いそうです。
別荘地内は街灯も一応ありますが、本当に真っ暗闇になってしまい慣れている人でも錯覚して道に迷います。
このログハウスにはイブさん家は10月に一度遊びに来てますので、場所はカーナビにマーキングしてある筈ですが、他の方達は今回初めてですので、待ち合わせは分かり易い近所の 「道の駅:小淵沢」 に決めてました。
清水さん家はどうやら早目に付いたらしく、 「道の駅:小淵沢」 に併設されている温泉施設 「延命の湯:スパティオ小淵沢」に入っている様子です。
電話で案内しようと思いましたが、コマッチ家とイブさん家と合流してから来るというので、安心です。
残念ながら宮田家の出発は、どうやら明日の朝になりそうなので、本日の前夜祭は4家族!コンビニ弁当と、イブさん家差し入れのお寿司で盛り上がります。今年も一年、お疲れ様でした。
Page-Top



■■■ 2015年12月30日(水曜日) ■■■


AM 07:00 ・・・ 困りました?高原の朝は、それ程寒くないです。

朝もやの別荘地の中をロッティ・メロン・花菜と、それぞれ散歩して来たようですが、この辺りは標高1000メートルとチョットあるんですが、困りました〜!寒くないんですね。例年、この辺りは積雪こそめったにありませんがこの時期氷点下が当たり前なんですね。
現在、恐らくプラス気温でしょう。もう少し標高のあるスキー場でも氷点下5度ぐらいにならないと降雪マシンの威力が発揮できないらしいんで、ちょっと心配しています。
皆でそんなおしゃべりをしながらゆっくり朝食を済ませ、小淵沢インター脇の 「スーパーやまと」 の開店に合わせてみんなでこれから4日分の買い出しに出掛けます。丁度、宮田家もその頃に落ち合えそうです。
過去二回の年越しキャンプでは2万円代だった買い物も、今回は3万円超えの大台です。まっ、全員で割れば大した金額ではありませんが、5家族12人前の4日分ですから、凄い量です。


PM 13:00 ・・・ 少し遅いお昼です。

「スーパーやまと」 で売っていたボリュームのあるお弁当、ナンと!¥300円均一でした。カツ丼にお寿司、焼きそばに唐揚げ弁当、カキフライ弁当にのり弁と、みんなで好きな物を買ってきましたが、これはもう作るより断然安いですね。やはり都会とは少し物価が違いますかね?(^_-)-☆


PM 16:00 ・・・ 近所の日帰り温泉に行ってきました。

富士見高原リゾートの中にある 「八峯苑:鹿の湯」、ここの入浴料は、大人一人¥600円です。回数券を買うと11枚あるので、一人¥540円になります。小淵沢の道の駅に併設されている 「延命の湯:スパティオ小淵沢」は、¥820円ですから、このメンバーで毎日入るとなるとかなりの差が出ます。


PM 18:00 ・・・ サッ!本日、湯上りは 「猪鍋」 です。今年は 「鹿の刺身」 もあります。


毎度々キャンプ料理は同じ様になってしまいますが、堀口家の幹事する年越しキャンプは、猪肉があります。
それに今回はもう一品!「鹿の刺身」 も貰ってきましたので、少々野性味あふれる感じがしますが、丸太小屋にはお似合いですね。
「猪鍋」 は、定番の味噌仕立てで頂きますが、鹿肉はニンニク醤油が良いですね〜!(^_-)-☆
さあ、皆さん!しっかり精を付けて下さいな〜!
話は尽きませんが、もう日付が変わりましたよ〜!
もうそろそろ寝ましょうか〜!寝るのはキャンカーが良いという清水さん家に電源を繋げ、ログハウスは丁度4部屋あったんで、犬連れの4家族それぞれうまく部屋割りも出来ました。
「富士見パノラマ」 「サンメドウズ清里」 など近所のスキー場も気温が下がり、ゲレンデコンディションも上がって来た様ですから、明日は、いよいよ!スキーに出掛けますよ〜!・・・(^ _ ^ ) V
Page-Top



■■■ 2015年12月31日(木曜日) ■■■


AM 07:00 ・・・ 暖かい朝です。

何回か電話で確認しましたが、スキー場の積雪は大丈夫そうです。
何処に行くのか相談しましたが、結局今日は、3キロのダウンヒルがあるという 「富士見パノラマスキー場」 に決定!です。
ナンと、今回 「年越しキャンプには参加するけど、スキーは行かずに留守番しているよ!」 って言っていた清水さんが、「俺も行く!」 ってことになり、愉快なスキーご一行は、本日総勢10人となりました。


PM 12:00 ・・・ お昼です。

なんてったって、私も清水さんも30年ぶりのスキーです。
その昔ガンガン滑っていたとはいえ、当時より体重も増えてますし、殆ど運動らしきものをしてないので筋力も落ちてます。体も固くなってますし、反射神経も鈍くなっているでしょう。
道具もカービングスキーとやらに変わってますので、慣れるまでまぁ〜、年相応の、それなりのスキーが楽しめればいいかな〜!と、思って連れて来てもらった訳ですが、トンでも無かったですね。恥ずかしいことに先ず、出っ張った腹が邪魔でスキー靴のバックルが閉められません。トホっ・・・(^_-)-☆
まっ、それでも何とか午前中に初心者コースを6本!怪我や捻挫も無く過ごせました。
もう少し出来るつもりで生意気にも1日券を買ってしまったんですが、今回は無理をしないで午前中で上がります。
イブさん一家や宮田家、それにナンと清水さん迄最後にゴンドラで3キロのダウンヒルに挑戦した様ですけど、話を聞くとみなさんそれぞれスッテンコロリン!して、結構大変だったみたい?・・・(^_-)-☆
コマッチとチエミちゃんは、スノーボードです。残りのメンバーはスキーですが、悦ちゃんはさすが!旨いね〜!


PM 16:00 ・・・ さあ、今日はもう大晦日です。

さて、疲れ果てた体を1年の垢を落としに再度、 「八峯苑:鹿の湯」 にやって参りました。



本日、大晦日の晩餐は、愉快な年越しキャンプで恒例になっている 「手巻き寿司」 です。
紅白歌合戦を見ながら気の合う仲間達と過ごす年の瀬は実にいいもんですね。
それに、ナンと言っても今回は強い風に悩まされることもありません。少々お肌が乾燥しますが薪ストーブのお蔭で部屋の中もヌクヌクですからね〜!
左の写真、皆さんが並んでススっているのは本日、大晦日!年越しラーメンです。
今年一年、大変お世話になりました。
来年も細く長く生きられます様に・・・(^_-)-☆
てね〜!
Page-Top



■■■ 2016年1月1日(金曜日) ■■■


AM 07:00 ・・・ 新年あけましておめでとうございます

64回目のお正月ですが、不思議なことに毎度々同じことなんですが、何度迎えても元旦は新たな気持ちになります。
みなさま、旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
暖かいんでお正月が来た様な気がしませんが、テーブルにお節料理が並ぶと、やはりお正月なんだな〜!
って、そんな気がして来るから不思議です。・・・(^ _ ^ ) V
本日は、お正月ですから朝からみんなでお屠蘇を頂きます。・・・(^_-)/▼
明日は家族揃って新年会をやる!という清水さんご夫婦は、記念写真を撮って一足お先に帰られました。


AM 10:00 ・・・ 初詣に出掛けます。

スマホで調べると、ベースの丸太小屋から徒歩30分、2キロ程の所に 「身曾岐神社(みそぎ)」 がありますので、食べ過ぎた腹ごなしに皆で歩いて行くことにしました。我等が仲間内にも厄年の人や受験生も居りますので、しっかりとお参りしてきます。

たかが2キロの筈でしたが縦長の我等が一行は、行きが40分!帰りは登りで1時間と、えらくの〜んびりしています。
まっ、お正月ですから〜・・・(^_-)-☆
あるもので、お昼!残り物で夕飯!
なんてったって、皆様には明日の朝までに3万円分の食材を平らげて頂かないと、困ります。
今回の年越しキャンプはテントの中ではありませんので、ホンとの〜んびりくつろぐ事が出来ました。
これはもう恒例行事になりそうですね。
Page-Top



■■■ 2016年1月2日(土曜日) ■■■


AM 10:00 ・・・ 小淵沢を去る前に![ RESORT OUTLETS YATSUGATAKE ] に立ち寄りです。

丸太小屋を出発して10分程で、本日先ず最初の立ち寄り先、奥様方から行ってみたいとご要望の多かった [ RESORT OUTLETS YATSUGATAKE ] に、到着です。
2016年の初買いです。まっ、アウトレットにはそれなりにお客さんは入ってますが、首都圏や御殿場のアウトレットの人出とはだいぶ様子が違いますね。
右を見ても左を見ても買い物袋をぶら下げている人を殆ど見かけません。手ぶらの人が多いです。
冷やかし客の多い中、両手に持ちきれない程の買い物袋をぶら下げているのは我々だけの様です。・・・(^_-)-☆
ぶらぶらしているとお昼になりましたので、場内のレストランで昼食にします。
料金はやや高めかな?味付けはやや薄めかな?


PM 16:00 ・・・ コマッチの先導で、ほったらかし温泉」 に立ち寄りです。

帰り道、中央道にするか?東名にするか?こちら方面に来るといつも考えてしまいますが、我が家迄は距離がありますので今回は中央道から圏央道を経由して東名へというルートにしました。
コマッチが帰りルートの途中にある ほったらかし温泉」 に一度行ってみたかったというので、皆で寄り道していくことになりました。
「ほったらかし温泉」 は、中央道の一宮御坂ICで降りて30分ぐらいのところにありますが、少し道が分かりずらいようです。そんな話を無線で話ながら走っていると、最後尾を走っていたイブさん家がどういう訳か手前の甲府南ICで降りてしまいました。
まっ、無線は繋がってますので心配いりませんが、先導しているコマッチ車が頼りなく何度か迷い、イブさん家とは結局 「笛吹川フルーツ公園」 サイドで一緒になりました。
ほったらかし温泉」 へ行くにはこの「笛吹川フルーツ公園」 の中を縦断して更にもう1キロ程我がユーロスターには少々キツイ!急な山道を登らなくてはなりません。
景色が良い事で有名な温泉ですから、見頃になる夕暮れ前のこの時間帯は空いているだろうと期待して、ふうふうと喘ぎながら駐車場まで登って来ると、残念ながらさすがにお正月ですね〜!しっかり混んでます。この 「ほったらかし温泉」 には、甲府の町が眺望できる 「あっちの湯」 と、富士山が眺望できる 「こっちの湯」 があり、元湯と新湯それぞれ温泉の効能も違いがあります。
今回は、「あっちの湯」 に入りましたが、まっ、いつ来ても眺めだけは最高ですね。実に気持ちいい〜い!
英ちゃん達も遠回りまでして付き合ってくれてありがとうね〜!
皆さん、今年もキャンプではお世話になります。どうぞ宜しくお願いします。
Page-Top



 キャンプレポートのメインメニューへ! 順路⇒ 3月の越後中里:スキーキャンプレポートへ! 
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!

[ MOTOR HOME PAGE ]  http://www.motor-home-page.com  /  SINCE 1997 Copyright by Katsumi Horiguchi all rights reserved