HOME
・・・キャンピングカーの自由で気儘な旅!一度やったらやめられませんね・・・(^_-)-☆
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!


平成24年10月のキムチの素作りキャンプ!レポート!

<<  2012年のビデオファイル集は、こちら!  >>




◆◆ CAMP REPORT 2012
  平成24年に実施したキャンプ

■■■ 2012年10月の、東京オートキャンパーズ:ミニキャンプ通信 ■■■



CAMP REPORT 2012 10

10月6日(土曜日)・9日(日曜日)・8日(月曜日) の、2泊3日で、山梨県の富士宮市、
朝霧高原と田貫湖近くの 「猪の頭オートキャンプ場」 に行ってまいりました。

もう!キャンプの日が待ちどうしくてどうしようもなくて、キャンプの日を子供の様に指折り数えているんですよぅ〜!・・・(^_-)-☆
っていう、匿名希望のメールを宮ちゃんから貰いましたが、そう言ってくれると、嘘でもお世辞でも嬉しいですねぇ〜・・・「敦っちゃん、匿名希望のメールはここをクリックします!」
でも、私だって本当にみんなに早く会いたい!・・・早くあの美味い酒を呑みたい。で、この顔です。こういう人を世間では 「好々爺」 っていうんだそうです。

(^_^)/ 乾杯


Page-Top



■■■ 2012年10月6日(土曜日)・・・キャンプ1日目・・・ ■■■


AM 11:00 ・・・ 今回は、先発出動です。

 

毎回そうなんですが、大量の食料と鍋釜を積み込んで出掛ける折角のキャンプですから、一泊するだけじゃホンと、勿体無いですね。

という訳で、今回の 「猪の頭AC」 のミニタコへは、本隊到着の一日前から先発隊で、行くことにしました。

といっても今日は、保育園の運動会やら月一のお医者の日だったりと、これでも結構忙しいんですよっ!。

ふうふう言いながらナントか用事を片付けて、11時頃だったでしょうか、我が家をやっと出発できました。

出掛けに同じく先発隊の清水さんに電話するともう既に 「高坂SA」 だそうだ。「これはもう追いつけないねっ!」 ってことで、キャンプ場一番乗りは諦めました。

早速キャンピングカーが横付けできる近所のスーパーに買い出しに寄ります。我が家の今夜のメニューは、オイルフォンデューで、明日は煮込みと餃子の予定ですから、ここでは主に野菜と魚介類を仕入れます。

それから次に大師橋を渡った先のコリアンタウンにある例の美味しい 「肉屋」 さんに向かいます。・・・・・・・⇒

 

地元の人は勿論、遠くは町田の釜爺ぃ〜まで買いに来るお客さんの絶えないこの肉屋さんは、関東一円に焼肉用の肉類を卸している知る人ぞ知る老舗なんです。

美味しい味付けのハラミやホルモン、煮込み用のモツや骨付きカルビなど頼まれた肉を全部で6キロ超!仕入れて買出しは完了です。

今日は首都高横浜線から横浜新道、保土ケ谷バイパスから東名、御殿場からご機嫌な走行感の新東名へと乗り継いで、「新富士IC」 から無料になった富士宮道路経由で 「猪の頭AC」 を目指します。

人によっては三連休ということで、朝の交通情報では所により何十キロという渋滞が出ているらしい。「まっ、中央道に比べると東名の下りは事故でもない限りそんなに酷く渋滞することは無いだろう!」 と、それ程心配はしていなかったんですが、例によって、厚木辺りまではノロノロした状況でした。

それから先、東名・新東名と流れは順調で、新富士ICで降りたところでオイルフォンデュー用の鍋を忘れてきた事に気付きました。

途中にあったホームセンターで手頃なてんぷら鍋を買って、「猪の頭AC」 には3時半頃の現着でした。

 


さすがに三連休!ということで、人気の 「猪の頭AC」 は、結構混雑してます。
今回、オーナーに無理を言ってセンター棟の下の区画をタコスクラブの貸切ということで押さえて貰いましたが、今夜は広々とした林間のサイトを我が家と清水家・宮田家の三家族で占領し、コジンマリと盛り上がります。
なぁ〜んて言ってたら、「道の駅:富士吉田」 に集合していた二見家と指宿家が合流です。
まっ、道の駅もいいですが、やはりキャンプ場の方が落ち着きます。
これで先発隊は5家族になりましたが、このぐらいの人数だと話しが全員に通っていい具合ですね。・・・(^_^ V
暫くすると、上のサイトでキャンプしている二見君の友達が2家族ほど遊びにやってきました。皆さんこのキャンプ場の年越しキャンプ仲間だということで、もう既に2〜3年の付き合いになるということです。明日が本番だ!というのに、この日も日付が変わり、お開きは25時ぐらい?でした。
また、寝不足の日が続きそうです。差し入れご馳走様でした。爺ィ〜ジは、ホンともう壊れそう・・・
Page-Top



■■■ 2012年10月7日(日曜日) ・・・キャンプ2日目・・・ ■■■


AM 06:30 ・・・ 寒くはないが、まだ少し雨が残っている。

夕べ寝てから雨がだんだん強くなり、タープやオーニングに水が溜まってやしないかと何度か気になって起きてしまったので、今朝は夜が明けたのにも気が付かず、「散歩に行こう!」サインの“葉奈”に起こされてしまった。外に出るともう既にマリちゃん達一家は起きており、ひと仕事終わったよ一服をしながら・・・しら〜っとしてます。
殆んど寝てないだろうに、今夜も寝れないだろうに、洗い物までして頂いてどうもありがとう。
深夜24時と24時半に2回、恒さんから不在着信があった。この時間は電話にはでんわ!

AM 10:00 ・・・ いよいよ!本日のメインイベント!、キムチの素作りの始まりです。

時折日が差して来た、「もうこれから雨の心配は要らないだろう。松の実の調達係りが未だ来ないが、グスグズしているとお昼になってしまうよ〜!」 と、本日の調理実習の清水講師から、ゴー!サインです。
時折、思い出したように襲い来るスズメバチの襲撃を避けながら、次々と材料や調味料を混ぜてゆきます。「まっ、その内レシピを作っとくからぁ〜・・・」 って、清水さんが言ってましたので、その内ミニタコで配布されるでしょうから、どうぞお楽しみに・・・(^o^)丿
という訳で、完成品はチャック付きの袋に入れて皆さんお持帰りになった様ですが、この料理研修会のレポートは私には出来ませんので、どなたかメール頂けると助かりますし、頂いたらこの場所に貼り付けますのでよろしくです。

Page-Top



■ チエミちゃんから、美味しい!「オイキムチ」 のレシピが届きましたので、お知らせします。
◇ 材料
・きゅうり 5〜8本
・人参 小さいものを1本
・大根 10センチ分位
・炒り胡麻 大さじ1
・キムチの素 大さじ4〜5
・一味唐辛子 適量
・にんにく すりおろしたものを大さじ二分の一
・しょうが すりおろしたものを大さじ二分の一
・砂糖または、はちみつ 小さじ1

◇ 作り方

1.きゅうりは塩を振って板ずりする。お好みの長さに切り、バットにお湯を800ccを入れ塩大さじ2〜3を加えよく混ぜきゅうりを入れて冷めるまでおいておく。きゅうりの塩ずけですね。
2.人参、大根は7〜8センチ位の細切りにして塩を振りしんなりさせて汁は絞る。
我が家はここに、ニラを追加しました。
3.ボールなどに2の材料とにんにく、しょうがのすりおろしとキムチの素を加えよく混ぜる。
この時、好みにより一味唐辛子、はちみつを足す。
4.きゅうりは水気を切り端1〜2センチのこし縦に切込みを入れ90度回し同様に切込みを入れる。
この辺は自分流にアレンジしてね。ちなみに我が家では六分の一ほど切り落としました。
はさむのに楽なので。
5.3の具材を適量きゅうりに詰め込む。そこそこの量がいいですよ。
冷蔵庫で3日〜4日は保存可能です。具材や調味料などその家庭に合った味にしてください。


PM 12:00 ・・・ 昼食会の始まりです。

お祭り騒ぎの様なキムチの素作りもひと段落し、残りのタコスメンバー(今回は名前の列挙はしません。全15台)も大体のみなさん集合したようです。ワンタッチタープや椅子・テーブルのセッティングも済みましたので、先ずはご苦労さん!ということで、・・・ (^_^)/ 乾杯
って、清水さんがワインを出してきてくれましたが、これでどうぞ!と、一緒に持ってきてくれたのはナンと本物のベネチアングラスです。目の前にあるキムチの汁で握った焼きおにぎりが、ワインと、とてもい〜い!バランスを演出してます。
ここでやっと、夢に見た!待ちどうしかった!キャンプです。美味い酒と肴に善き友と、3拍子揃いました。
で、この顔です。こういう人を世間では 「好々爺」 っていうんだそうです。・・・(^_^ V
えっ!だれが 「ガッツ石松!」 だって


PM 18:00 ・・・ ナンと、昼食会から呑み始め、そのまま夜の宴会モードに突入です。

これは、なんとなく流れですから仕方ありませんが、キムチの素を練り込んだ焼きおにぎりを肴に美味いワインをいただいて、軽い??昼食が終わったような?終わらないような?・・・
ぐずぐず呑んでおしゃべりをしていると、「冷たいビールどうぞっ!」 「これチョット食べてみてっ!美味しいよ!」 「焼き鳥!やけたよっ!」 って、出前が来るもんだから、いつのまにやらそのまま宴会モードに入ってしまいました。
勿論!合間に我が家も夕食の下拵えをしていますが、凄い量のお料理が次々にやってきます。
「これじゃあ!食べきれないねぇ〜・・・」 っていう訳で、折角ですが上ハラミと上ホルモン、骨付きカルビなどの焼肉は中止!して、生肉の状態で参加メンバーに配ります。肉・野菜・海鮮の3種餃子は、海鮮の1種類のみとし、日持ちのしないもつを使った煮込みは作ることにして、寸胴に入れる前に圧力鍋で下茹でします。
餃子の皮を使ったピザは我が家の子供たちも大好きで、よく作りました。もう25〜30年ぐらい前のことになりますが、当時はトースターと目玉焼き機とコーヒーが同時に出来るというイワタニの 「モーニングクッカー」 というカセットガス燃料のの便利な調理器具がありました。
その器具の 「モーニングクッカー」 のオーブンを使うと、この餃子の皮ピザがプクプクと上手に焼けるんですね。懐かしいです。
我が家の道具はもう壊れてしまい、現存しませんが、イワタニでも今はもう生産してないって言ってました。100V 仕様の物はヨドバシかビッグカメラで見かけたような気がしますが、電源の必要なタイプはキャンプには不向きですね。
という訳で、お昼から延々と続いてる宴会モードも中締めのないままだらだらと、6時半頃には飽きてきた様です。
焚き火にあたって少し腹ごなし??をして、2次会に移ります。そう言えば前回の白沢もこの2次会からが面白かったんでしたね。
最近チョット!エロ気味?下ネタが多すぎ?とても不倫カップルのキャンプの話とかここでは書けませんが〜・・・ (^_^ ;

PM 21:00 ・・・ これは、3次会じゃなくて 「〆(シメ)」 だそうです。

今回、4B乗りのコマッチが、「小松ラーメン店」 を企画してくれました。
材料の調達から、スープの仕込みや煮卵にメンマ!これだけの人数の分、さぞ大変だったでしょう。有り難うございました。また、お手伝いの皆様も、ご苦労様でした。
私、その美味しさに涙しましたが、感動のあまり残念ながら写真を撮るのを忘れてました。どなたか 「小松ラーメン店」 の写真をお持ちの方、添付してメール頂けると助かります。
この〆(シメ)のラーメンを食べて、元気が出たせいか、この日もお開きは日付が変わり、25時ぐらい?でしたか?確かオーナーにいつも言われてますよね〜 「10時半には消灯ねっ!」 って・・・(^_^ V
「もう充分!ジ爺ィ〜なんだから、いつまでも若い人に混じって夜更かししていると、居眠り運転で事故るよ!」 って、またカミさんに言われそうです。
Page-Top



■■■ 2012年10月8日(日曜日) ・・・解散!・・・ ■■■


AM 06:30 ・・・ いいお天気だし、寒くもない。しかし、眠い。(*_*)

夕べはどういう訳か恒さんや林さん達とテーブルが離れていたので、あまり飲まなかった?し、話も出来なかった。
大ケヤキの根元にあるゴミの一時集積所にある空き瓶も、もう一回捨てに行ったのかもしれないが、自分達のテーブルで空いた焼酎とウイスキーとワインの瓶だけで日本酒の一升瓶などは無い!・・・
恒さんの具合が悪いんじゃなければいいが、聞きそびれてしまった。ごめんね。次回は一緒に呑もうね・・・(@_@)
やはり、ミニタコで15台は多い。
どうしても年代や子持ちのグループなど5組ぐらい別れてしまい、結婚式の円卓の島?テーブルの宴会風になってしまいますね。折角ご一緒にキャンプしてるのに、最後まで話もしなかったという事にもなりかねません。お酒の瓶を持って各テーブルを回るのも如何なものかと思いますし、仕方ないのかも知れませんが、もう少し大勢の時のキャンプのやり方を考えてみたいですね。
今日も、早!ミニタコ名物の 「地獄の朝食会!」 が始まりました。夕べの残りや持って帰ると腐りやすい物、これだけはみんなに食べてほしかった物等など・・・
まだまだ続きます。
○○ごはんに味噌汁にポトフにそばにうどん、ホットサンドにフレンチドッグ。未だ他にあった様な気がするが、週明けの体は重そうですね。
いつもながら 「次回はもう少しダブらないように効率良く準備したいねっ!」 って、いうんですが、どういうふうにやったら良いのか分かりません。
まっ、こうして遊べること、これもまた楽しっ!って、贅沢な悩みってことですか!
名残惜しいですが、三連休ですから遅くなると帰り道は酷い目に会いますので、遠い人は大変です。
とりあえず集合写真を撮って、一旦中締め!解散宣言です。

10月8日 井之頭でミニタコです。

集合に遅れてしまった方は、ご免なさい。今回はこれ一枚しかありません。

Page-Top



 キャンプレポートのメインメニューへ! 順路⇒ 2012年11月のキャンプへ! 
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!

[ MOTOR HOME PAGE ]  http://www.motor-home-page.com  /  SINCE 1997 Copyright by Katsumi Horiguchi all rights reserved