HOME
・・・キャンピングカーの自由で気儘な旅!一度やったらやめられませんね・・・(^_-)-☆
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!


2013年7月 大井川SLキャンプ in 川根:家山

<<  2013年のビデオファイル集は、こちら!  >>




◆◆ CAMP REPORT 2013
  平成25年に実施したキャンプ



メールはこちら!
お待ちしています。
[ MOTOR HOME PAGE ]
■■■ 2013年・蛍の夕べに続く夏のイベントキャンプ、第二弾! ■■■


CAMP REPORT 2013

7月13日(土曜日) 〜 7月15日(月曜日) の2泊3日

0714_川根:家山 00

7月: 大井川鉄道の SL に乗ったど〜
7月: 川根の家山は、こんな所です。
Page-Top



■■■ 2013年7月13日(土曜日) 出発! 〜 川根:家山・・・一泊目・・・ ■■■


PM 13:30 ・・・ 今日はお盆の入り!です。

我が家は、東京に住んでいる関係上、「7月の13日はお盆の入り!」という事になってます。
そこで、先ずはご先祖様に日頃のご無沙汰と、元気に過ごしているというご挨拶をしに、横浜の白楽にある我が家の菩提寺に向かいます。
このお寺は元々我が家のすぐ近くにあったのですが、戦後!国道15号の拡幅工事に伴い横浜のこの地に代替地を貰ってお墓ごと全て引っ越してきたという訳です。本当なら今夜は玄関前で迎え火を焚き、ご先祖様をお迎えしなければいけないのでしょうが、今日はこれからお出掛けするんで、今回はお墓にいてね!家には誰も居ないよ!ゴメンね!って言っておきました。
という訳で、午後1時半、旅支度を全て終了し我が家を再度出発です。
最近は、キャンプ仲間と 「LINE」 で繋がっているので、現地集合で先発している人の心配負担の度合いが幾らか和らいでいるんじゃなかろうかと思います。それでも長時間待っているのも、待たせているのも辛いですよね。
スマホで互いの状況を連絡しあいながらも今回のキャンプ地までは我が家から200キロ以上ありますから、先発の英ちゃんとの連絡はカミさんに任せて私は頑張って運転に専念します。
しかし、まあ、お盆(海の日)の三連休の初日という事で、都内から海老名のSA辺りまでず〜っとノロノロ運転で、御殿場から新東名に入ったところでやっと自分のペースで走り出しました。PM15:30、カーナビは 「到着予測時間・PM18:00」 と表示しています。
0713_川根:家山 01 0713_川根:家山 02

PM 17:30 ・・・ 家山のキャンプ地に現着です。

あまりお待たせしても、申し訳無いので、(>_<)
「6時ごろになりそうだからぁ、先にお風呂に入っててぇ〜」 と、先発の宮田家に連絡するも。
「一杯やって待っているから、大丈夫だよぅ〜・・・・・・」 と、言う返事です。
「そこからなら、ここの道の駅まで二時間でこれるからぁ〜」 と、言う地元プロドライバーからのアドバイスです。
新東名のデータの無い旧式のカーナビが、律儀にルート変更を繰り替えして煩いんで、先程から電源を切ってしまっていますが、たぶんPM18:00の到着予測は、在来の東名を通って行く所要時間ですから道の良い新東名ルートでは平均速度も上がるし数十キロの近道にもなるようです。このルートなら川奈のキャンプ地まで恐らく30分ぐらい短縮できると思う。
待ち切れずに 「道の駅:川根」 からキャンプ地に戻って来ていたヒデちゃんに、島田金谷インターを降りてから約20分、無線誘導して貰いながら、予想通り!ぴったりPM17:30現着です。
0713_川根:家山 03
左の写真の様に、とりあえずパーティーシェードを2連で張って、今夜からのキャンプの場所だけ一応確保しておきます。
「盗難防止と突然の強風対策にペグ打ちだけはしっかりしておこう!」 と思いましたが、ここも田代公園と同じで地盤が凄く固い!
パーティシュードを設営するよりも、何回も打ち直したペグ打ちの方に時間が掛かりました。
とりあえず宴会場の設営を終えて、一息入れてから今度こそ温泉に入りに行きます。いつもいつもヒデちゃんのヘッド車を便利に使って申し訳ないんですが、再度 「道の駅:川根」 に戻ります。
「道の駅:川根」 は、露天風呂からSLが見える!というコピーで、知っている人には有名?な温泉付きの道の駅です。そのSLに、明日は是非!乗ってみたい!と、思っています。一日二往復ぐらいしかしないSLですから、凄く混雑しそうですが、折角のチャンスですから、なんとか話のタネに乗ってみたいものです。

7月: 川根の家山は、こんな所です。

0713_川根:家山 04
0713_川根:家山 06  ミス:タコス
という訳で、実に気持ちの良い温泉で、ゆっくり・ほっこり・してから、家山に作ったキャンプベースに戻って参りました。明日のSLに乗る話とその先のトロッコ列車に乗る段取りを打ち合わせながらですが、ヒデちゃんちと待つこと数時間!まっ、いつもの事ですが、日付が変わる頃、やっと本日最後の参加メンバーである二見家の到着です。
ゴメン!二見家の写真がないので、ミス・タコス?の悩殺ポーズで我慢して下さい。
Page-Top



■■■ 2013年7月14日(日曜日) 川根:家山 〜 千頭 〜 井川ダム 〜 川根:家山・・・二泊目・・・ ■■■


AM 09:30 ・・・ 本日は、いよいよ!SLに乗ります。

7月: 大井川鉄道の SL に乗ったど〜!
後からここの SL に乗りに行かれる方のために、少し説明しておきますと、SL は急行運転のみで、始発は金谷駅で終点は千頭駅なのですが、途中の家山駅にだけ停車しますので、我々はここ 「家山駅」 から乗車します。
0714_家山駅 07

犬はゲージに入れれば手荷物扱いになりますので、
片道¥260円 の別料金で車内に持ち込み出来ます。

0714_家山駅 08
「座席指定や前売り予約の類は無く、全て当日売り!です。」
と、言われたので、40分ぐらい掛かると言う千頭駅まで立っていることも覚悟して乗車しましたが、心配は杞憂に終わりました。定刻通り AM 10:25 分に家山の駅にSLが到着すると、ぞろぞろと、殆んどの乗客がここで降りてしまいます。
駅前に待機していた観光バスに殆んどの人が乗り換えてしまい、列車内はガラガラで 「愉快なキャンパーズ」 で、貸し切り状態?になりました。駅員さんも一言足りないですよねぇ〜!
途中駅からの乗車ですから、ず〜っと立って行くつもりでした。こういう状況ならそう言ってくれればいいのにねぇ〜・・・(>_<)
ちなみに乗車料金は、大人片道¥1050円と、SL急行料金¥800円で、小学生以下の子供は大人の半額です。SL の車内では、車掌さんがおもしろ可笑しくSLや大井川の話を聞かせてくれますし、なんと歌まで歌ってくれます。
0714_千頭駅 09

「思い切って、乗って良かったねぇ〜!心配して損したねぇ〜!」
「でも、乗って分かることだけど、車内はそれなりに古いものだねぇ〜!」
「エアコン無いんで窓開けっ放しだから音は煩いしぃ〜!」
「SLって、やはり乗るより走ってる姿を見る物だよねぇ〜!」
「岡ちゃん家、間に合わなかったねぇ〜!千頭の駅で落ち合えるかな?」


SLは、定刻通り!AM 11:11 分に、「千頭駅」 に到着です。と、同時に岡ちゃんちが 「島田金谷ICを降りたよ〜」  ということで、もう4〜50分だろうからこの辺りで 「道の駅:奥大井音戯の郷」 や、千頭駅周辺をぶらぶらしながら、待つことにする。
今回ゲージに入れているとは言え、犬連れの旅だし、腹ペラシのヒデちゃん・敦ちゃんが駅の立ち食いで蕎麦なんか手繰るもんだから、何軒かある蕎麦屋にも入れず (>_<) に、千頭の駅前をうろうろし、悩んで迷ってやっと一軒のカヌー乗り?だという人がやっているというハンバーグレストランに入りました。
ここなら犬もOK!ということで、決めたんですが、なんとこれが史上最悪のレストランでした。
どんなに美味しい!というお店で最高でも10分以上は待てないこの私をナンと1時間以上も待たせ、しかもセットメニューの付け合せのサラダとアイスコーヒーが先に出て、メインの料理がすっかり忘れられてしまう!という、堀口家にとって前代未聞の最悪の事態が起きてしまった。
まっ、お蔭様で一時間遅れで到着した岡ちゃん家と無事合流できたので、感謝してい〜いものやら、怒ってい〜いものやら、訳が分からなくなってしまいましたねぇ〜 (^o^)丿
0714_トロッコ列車 10
教訓・・・もしもこのレポートをご覧になって、このコースに来てみようという方は、朝、出発時に、おにぎりかお弁当をサイトで作って持って行った方がいいでしょう。
その方が、時間とお金の節約になります。
勿論、コンビニ等で買っても良いですが! ・・・ (^_^ ゞ
0714_トロッコ列車 11
これで、宮田家、二見家、岡村家、堀口家と、やっと今回の企画のフルメンバーになりました。
ここ、千頭駅から 「井川ダム」 のある終点の井川駅までは、通常はディーゼル機関車で、一部の急勾配をアプト式の電気機関車が引っ張るトロッコ列車で往復します。
ちなみに乗車料金は、大人片道¥2300円で、小学生以下の子供は大人の半額です。
終点の井川駅を往復出来る最終便に何とか間に合いましたが、全部の窓全開で大井川の崖の縁を走るトロッコ列車は、キーキー・キーキー喧しいのナンのって、始めは話も出来ないほどでしたが、まっ、それでも慣れるに従って旅の気分は盛り上がってきますから、不思議なものですね。
0714_トロッコ列車 12 0714_トロッコ列車 13
まっ、トロッコ だからこんなモノ?と、割り切って乗ってますが、渓谷の縁をくねくねと走り、スリルと景観は抜群ですね。
の〜んびりと走ること登ること40分、「井川ダム」 のある終点の井川駅まで来たものの、この地での滞在時間は10分しかありません。乗って来たトロッコ列車に再度乗らないと、この山の中に置いてけぼり!に、されてしまいます。
0714_トロッコ列車 14

急いでダム湖に行って証拠写真を撮って、すぐに引き返します。まあ〜忙しい!おしっこをする暇も飲み物を買う時間もありません。大慌てで飛び込む様に乗った折り返し運転の トロッコ列車 で、再度出発駅の千頭駅まで戻ります。

この大井川沿いの渓谷は十二単の山々と言われる程、山並みは深いのですが、標高はそれ程高くなさそうです。
従って、涼しいか?と聞かれれば、蒸し暑かった。という感じですね。窓は全開ですから、たま〜に川や湖を渡る涼しい風も列車内を吹き抜けますが、少しばかり長い乗車時間に帰りは飽きてしまいましたね。
帰りの千頭駅から家山駅までの列車が、冷房の効いた車輌だったんで、ホッとひと息でした。まっ、それもこれもぜ〜んぶ含めてが、旅の楽しさ!ですか?
毎回々ただ宴会するだけのキャンプじゃなくて、私はナニか一つでもいいから、こういうイベントや企画を上手に織り込んだキャンプ活動が理想ですね。サラリーマンから自営業者、赤ちゃんからジジババまで居るキャンプ倶楽部のイベントを企画し実行するのは大変な作業でしょうが、丹念に拾えばまだまだこういう楽しい企画がたくさん組める様な気がします。
0714_川根:家山 15 0714_川根:家山 16
岡村家は残念ながらここまで、急用が出来たために急遽とんぼ返りすることになりました。
残った三家族で、先ずは 「道の駅:川根」 の温泉に入ります。そしてまた3家族になってしまいましたが、お楽しみの夕食会です。夕べ大量に発生し大歓迎してくれた川根の虫さん達は、今夜はどうした事か大人しくて、助かります。・・・(^_^)/
Page-Top



■■■ 2013年7月15日(月曜日:海の日) 川根:家山:解散! ■■■


AM 06:30 ・・・ 起床!今日は、海の日ですが、川に入ります。 7月: 川根の家山は、こんな所です。

今日のお天気は、曇りのち晴れ!でしょうか?しかし、朝からグングン気温が上がってます。
やっと落ち着きましたので、今回のキャンプ地の紹介をしようと思いますが、この大井川の周辺は何処でもキャンプ出来ますし、日帰りで水遊びやバーベキュー遊びに来る人達が殆んどで、だいたいが地元の人達ですね。
0715_川根:家山 17 0715_川根:家山 18
今回のこの場所は、全長13mのトレーラー引きのヒデちゃんが探してきただけの事があって、アクセスは非常に良く、上の写真の様に整備された通路があり、まるでキャンプ場です。しかも、首都圏から距離があるので写真でもお分かりの様に、ハイシーズンでもかなり空いています。
0715_川根:家山 19 0715_川根:家山 20
また、下の写真の様に、自己責任で遊ぶしかありませんが川の流れを引き込んだ自然プールもありますし、写真の好きな方はSLの迫力ある写真が何時でも撮れるポイントでもあります。
0715_川根:家山 21 0715_川根:家山 22
上の写真の様に、ココは普通にSLが通ります。どうやら、この川は釣りには向かないようですが、午前中、童心に返って川遊びです。
0715_川根:家山 23 0715_川根:家山 24
久し振りに SL にも乗車出来ましたし、少々事件もありましたがトロッコ列車まで乗って大変楽しかった3日間でした。3連休の帰りの渋滞は45キロぐらいかな?っていうプロドライバーの渋滞予測なので、名残惜しいですがお昼を食べたら解散することにしました。
出発したのは2時ごろだったでしょうか、御殿場まです〜い!す〜い!と、2時間!、御殿場から我が家まで3時間、7時に我が家に帰宅しましたので5時間のドライブですね。渋滞予測はさすがにプロだねって、ぴったり当たりでした。トホッ・・・
0715_川根:家山 25
敦ちゃんちは、あともう30分ぐらい掛かるのかな?
忙しい思いをさせちゃいましたねぇ〜。ショーちゃん、レナちゃん、いつもお付き合いありがとうね〜。お疲れさんでした。(^_-)-☆
今回、家山周辺のハイキングもしてませんし、「寸又峡」 などの観光もしていませんので、この地域はかなり積み残しをしています。従いまして、再度この辺りの観光キャンプを挑戦したいと思ってます。
SLに乗り損ねた人もいますので、このページを見て興味をお持ちになった方も、機会があれば再度お付き合いしますよ・・・(^_^ V
※ 一部の写真は、まりっぺの提供です。ありがとね〜
皆さんも、投稿写真がありましたら、どんどん送って下さい。
Page-Top



 キャンプレポートのメインメニューへ! 順路⇒ 2013年の夏休み1(諏訪湖の花火)へ! 
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!

[ MOTOR HOME PAGE ]  http://www.motor-home-page.com  /  SINCE 1997 Copyright by Katsumi Horiguchi all rights reserved