HOME
・・・キャンピングカーの自由で気儘な旅!一度やったらやめられませんね・・・(^_-)-☆
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!


平成25年10月、愉快なミニタコ仲間 in 新潟県立:紫雲寺記念公園AC

<<  2013年のビデオファイル集は、こちら!  >>




◆◆ CAMP REPORT 2013
  平成25年に実施したキャンプ



メールはこちら!
お待ちしています。
[ MOTOR HOME PAGE ]
■■■ 2013年10月、紫雲寺ACの夕日が最高!という噂は本当だった。 ■■■


CAMP REPORT 2013

10月11日(金曜日) 〜 10月14日(月曜日) の夜行、3泊4日

日本一予約の取れないキャンプ場に行ってまいりました。

日本一予約の取れない!というキャンプ場の 「サイトが一つキャンセル出たけど、ご一緒に夕日を見に行きませんか?」 というお誘い頂き、急遽 「新潟県立紫雲寺記念公園」 へ連れて行って貰うことになりました。

この変わり身の早さに文句も言わず付いて来てくれるのが、我が古女房と、愛車ユーロスターですね・・・(^_-)-☆

Page-Top



■■■ 2013年10月11日(金曜日) : 待ち合わせは関越道の越後川口SA・・・1泊目・・・ ■■■


台風に呪われた9月から、月が替わった10月、タコスの皆さんはどう過ごすのかと、あちこち電話してみましたが、タコスクラブの皆さんは例会以外どんな活動をしているのか、良く分かりませんね〜。・・・((+_+))
我が家は、体育の日の祝日がらみの久々の3連休ですから、どこか遠くへ行くか、景色の良い所での〜んびりしたいと思ってました。
会長夫婦には、「水入らずで勝浦へ行くから!」 と、振られてしまいましたし、イブさん達城北組は、「日本一予約の取れないという新潟のキャンプ場の予約がやっと取れたので、行ってきまーす。」 と、いうことです。ですが、「現在、フルサイト空き無しなんだけど、キャンセル待ちを入れてあるから、取れたら連絡するね〜!」 という情報です。・・・( ^)o(^ )
とりあえず、カミさんの実家や親戚・友人の家に寄道しながら久々に伊豆半島をぐるっと一周してくるかな〜?なんて考えていたんですが、急遽!「キャンセルが出たから、新潟まで来るぅ〜??」 というお誘いを頂きました。勿論、我が家は二つ返事で “OK” なんですが、中々予約の取れないという看板通りのキャンプ場で、他に仲間を何人も誘って行こうと言う訳にはいかないらしいんですね。
それで、行き先を迷っていると、「キャンプ場にキャンセルが出たから、紫雲寺に来るかい?」 という連絡が入りました。
今回、ご一緒出来なかった皆さん、ご免なさい。<(_ _)>


PM 16:00 ・・・ 「道の駅:白沢」 に、到着しました。

先月した休日出勤の振替休暇を申請したので、本日はお休みで、朝からゆっくり支度をして、家でお昼を食べてから出発です。
現地新潟まで、我が家から380キロぐらいでしょうか、一気に行けない距離ではありませんが、もう歳ですので途中温泉にでも寄っての〜んびり行こうと思います。
「道の駅:白沢」 に、到着しました。温泉に入って併設のレストランで食事をし、今夜はここで寝て、明日の朝に合流すればいいかな?と思ってましたが、後発グループに連絡すると、なんと!他のメンバーは関越道の長岡ジャンクション手前の 「越後川口SA」 迄頑張って走るらしい。
やっぱり、みんな若いねぇ〜 (^_-)-☆
それじゃ〜我が家も頑張るかぁ〜と、再度関越に乗り直しです。
「多分みんな遅いよね〜!」 「日付は変わるよね〜!」 「我が家は起きていられないよね〜!」 などと言いながら、夕食は越後川口SAのレストランでお先に頂くことになりました。
最近の高速のレストランは、ノンアルコホールビールしか置いてない店が多いですね。ここも御多分に漏れずそれしかありません。メニューは、とんかつ定食といくらとしらすの二色丼で、夫婦仲良く半分づつ食べました。 ・・・(* ^ ^)v
まっ、キャンカーに戻ってからアルコホールは適当に補給しましたが、皆が来るまで一眠りです。結局、メンバー全員が揃ったのは25時過ぎで、「それでは、お休みなさい!」と言ったのは26時以降だった様な気がする。 ・・・・(^0^)/V
Page-Top



■■■ 2013年10月12日(土曜日) : 新潟:紫雲寺AC・・・2泊目・・・ ■■■


8月の雷と嵐に遭遇した 「諏訪湖の花火大会」「台風に祟られた9月のミニタコ」、 そして月が替わった10月のこのミニタコは、果たしてどうかと云うと、昨日も今日も凄く強い風が吹いてます。「日本一!夕日の綺麗な所での〜んびりしたい!」 と、思って新潟くんだりまでやって参りましたが、場所は海岸です。この先どうなることやら。・・・(^_-)-☆


AM 08:00 ・・・ 昨夜は深夜の到着だったので、睡眠時間の足りている我が家を除いて皆さんの朝はゆっくりです。

まっ、本日はスーパーの開店時間の10時前までに紫雲寺に着いていればいい訳ですから、の〜んびりしてても大丈夫です。
越後川口SAのレストランで、お腹に優しいが満腹にならない朝粥定食で胃袋を宥めて、さあ、出発です。
コンボイは、指宿家・清水家・小松家・二見家・堀口家の5台、そして昨夜は最後まで合流できなかった市川家が少し遅れてついて来ている筈?です。
関越道を長岡JCTから北陸道に乗り換えます。日本海東北道方面の北向きになったコンボイは、経費節約のため高速道路を新潟西インターで降り、国道7号へルートチェンジです。といっても、以前はここで終点だったんですよね!ふふ
国道7号のドライブは20分程だったでしょうか?、交差点は全て立体交差になっていて信号は殆ど無いし、流れは70〜80キロで、これなら高速道路でもキャンカーは80〜90キロぐらいの低速走行ですので、殆ど変りませんね。国道で十分です。〜(*^0^)v
大型のショッピングモール 「SUPER SENTER PLANT-4 聖籠店」 にやってまいりました。ここに来れば無いものは無い!と云うか、それも半端ない量の多さです。土地代の違う地方独特のスケールの大きいショッピングセンターですね。ワイワイガヤガヤと、愉快な御一行様は6家族の2泊三日分の食料をこれでもか!という程買い捲ります。ナンと!、ショッピングカート山盛り3台ですからぁ〜・・・(*_*)












       Page-Top
一瞬レジが混乱する程の大量の買い物も、一通り済んで一段落し、「ここでお昼を済ませておけば、現地に着いてから楽だね!」 ということで、ショッピングセンター内のレストランに向かいます。美味しいラーメンに巡り合えて幸せなひと時をかみしめていると、「いや〜!遅くなっちゃったぁ〜!」 と、いつものキャラで市川家の登場です。
良かったねー!これで今回のミニタコは、6台揃いフルメンバーになりました。ひと段落し、市川さんの提案で女子供の一連隊を引き連れて新発田市にある 「新潟せんべい王国」 という所に社会科見学に行ってくれるという。その企画は、楽しそうだ!
一方、残ったメンバーは国道7号から海沿いの345号に乗り換えて、おおよそ15分ぐらいで聖篭町から紫雲寺町へと入ってきました。潮の匂いがしてきたかな?と思っている内に 「新潟県立紫雲寺記念公園」 の敷地へと、入って来た様です。2年程前に妙高高原から東北方面に向かう途中、ここへは様子を探りにちょこっと寄り道したことがありますが、縦長というか横長というかとにかく海岸線に沿って、無身に向かった40区画ぐらいのサイトが横一列に並んでいる珍しい形態のキャンプ場です。
長くなりますのでここでキャンプ場の説明は致しませんので、詳しい情報をお知りになりたい方は、どうぞ「新潟県立紫雲寺記念公園」 のホームページをご覧下さい。








「新潟せんべい王国」 組も戻り、いよいよキャンプのスタートですが、今日は少々風が強いっすねぇ〜。(*_*)
海岸線の波打ち際から、ホンの数メートルという位置にあるキャンプサイトには、日本海のからの海風が真面に吹き付けてきます。
まっ、我々にはゲリラ豪雨や台風の直撃にも負けなかった 「パーティシェード」 という強い味方がありますので、少々の風や雨ぐらいなら楽しんじゃうくらい余裕ですねぇ〜! どうやら幾つか向こうのサイトの人のテントは、その強風に耐え切れず潰れたようで、防風林の向こう側にある流しの庇の下を利用してお食事のご様子です。・・・(*_*)
我々は、しっかりペグダウンしましたし、パーティーシェードは適当にスリットが入っているため上手に風が抜ける様になってますので、頑張って踏んばらないのがいいんでしょうね。安心して居られますね。
今夜は清水家のご長男夫婦をゲストに迎えて日本海の波の音を肴に夜の更けるまで楽しみました。おごっとぉ〜さんでした。
Page-Top



■■■ 2013年10月13日(日曜日) : 新潟・紫雲寺AC・・・3泊目・・・ ■■■


まだ風は強いですが、いいお天気です。
「我が家から新潟まで700キロもあるんだよ〜!ちょっと無理」っていうことで、今回は参加を断念した英ちゃん一家はどうやら明治村の方へ行ったらしい。ご免ねぇ〜!次回は宜しくね。---(*^0^)v
せっかく目の前が日本海という絶好の釣り場でキャンプしているので、釣りをやらない手はないでしょう。
しっかり釣り餌も用意して来てますので、敦ちゃんと早速日本海の荒海目がけて投げてみますが、この海ですからぁ〜 (^_-)-☆
結果は知れてますね。
前日の、ほぼ徹夜運転の疲れが取れない市川さんは、ご覧のとおり熟睡中です  (^_-)-☆








      Page-Top
素晴らしい環境のキャンプ場の午後の一時を過ぎて、そろそろ温泉にでも行こうかね!ということで、自転車に跨る人や歩いてゆく人や様々ですが、取り合えず歩いて10分程の国道の向こう側にある 「深層湯温泉:紫雲の郷」 に向かいます。
我々の居るキャンプ場もこの温泉施設も全て「新潟県立紫雲寺記念公園」 という非常にスケールの大きな公園内にあります。
もしもまた来るチャンスがあったなら、このあたり一帯をサイクリングして回るのもいいでしょうね。
詳しい情報がお知りになりたい方は、 「新潟県立紫雲寺記念公園」 のホームページをご覧下さい。








この波ですから、とっくに釣りは諦めましたが、どうですか?この夕日の素晴らしいこと!・・・(^_-)-☆
これを見たくて新潟まで頑張って走って来た訳ですから、もう、みんな子供の様にはしゃいでますね。
まっ、暗くなればいつもの宴会キャンプですけどね。
今日はご馳走ですよぅ〜!何せタコスクラブの腕自慢!料理自慢!のママ達全員!ここに集合してるんですからね。
次から次へと出てくるご馳走を少しづつしか食べてないつもりでも、結構お腹いっぱいになってきます。今夜はその分、アルコールは控えめ?にしてたっ!てことにしておきましょうか。・・・ ( ^)o(^ )
Page-Top



■■■ 2013年10月14日(月曜日) : 新潟・紫雲寺AC・・・解散!・・・ ■■■


みなさーん!何か運動してますかぁ〜! 今日は、体育の日ですよぅ〜!
楽しかった3泊3日の日本海キャンプも、今日が最終日です。
昨日に続いて朝食も超豪華版です。飲む事と食べる事しか楽しみの無いミニタコですからぁ〜、足りないのも寂しいと思いつつ、何時もちょっとばかし買い過ぎ?でしょうかね。
まっ、冷蔵庫の付いているキャンカーですから、お持ち帰りでもいいっすよね!次回もこんな感じで宜しくお願いします。 (*_*)




名残を惜しみながらお昼前キャンプ場をチェックアウトし、今度はゆっくり買い物をしたいという奥様達のご要望にお応えして、またしても 「SUPER SENTER PLANT-4 聖籠店」 に、やってまいりました。しかし、ここは広いですねぇ〜!先日は食料品にしか目を向けませんでしたが、ホームセンターから電気屋さん、釣具屋さんから本屋さん、魚屋さんにパン屋さん、雑貨屋さんに金物屋さんと、ぐるっと回るだけで疲れます。
東京近郊のショッピングモールとの違いをあえて言えば、フードコートでしょうかね。
地方の方達はこういう所であまり食事をしないんですね。前回来た時もちょうどお昼時でしたが、ラーメン屋さんとパン屋さんとたこ焼き屋さんしかないフードコートはガラガラで、我々10数人のグループで行っても余裕で好きな所に固まって座れます。
買い物はしたし、お腹も一杯になったし、さあ!帰ろうかねぇ〜・・・
なんたってキャンカー6台のコンボイですから、目立つ事!目立つ事!道行く人が何事だろうか?と、振り返って見てます。帰りはすぐ傍の聖篭新発田インターから、日本海東北道 ⇒ 北陸道 ⇒ 関越道と、平均90キロぐらいで帰ります。途中、二か所程休憩を入れましたが、3連休の最終日の夕方の関越道の登りはしっかり混んでましたね。・・・((+_+))
皆様、どうもお疲れ様でした。怪我も事故もなく良かったですね。長らくのお付き合い有り難うございました。
また、今回予約の取れないキャンプ場に何度も交渉して取り纏めをして頂いたイブさんには、とても感謝しています。
Page-Top



 キャンプレポートのメインメニューへ! 順路⇒ 2013年10月のキャンピングカーフェアへ! 
モーターホームページへようこそ! ご挨拶とお知らせ キャンピングカーでするキャンプとは? お出かけ前に情報武装しましょう。 このモーターホームページのお話です。 迷子になったらここをクリック!

[ MOTOR HOME PAGE ]  http://www.motor-home-page.com  /  SINCE 1997 Copyright by Katsumi Horiguchi all rights reserved