HOME
☆彡 キャンピングカーの自由で気侭な旅!一度始めたらやめられませんねぇ~! (^_-) V
表紙へ! ご挨拶とお知らせのページです。 世界にたった一台!ハンドメイドのキャンピングカー! このページです。 初めてキャンピングカーでするキャンプのアドバイス! キャンプとキャンピングカーの情報リンク 我が家のキャンピングカー列伝! サイトマップはこちらです! お問合せメールはこちら!
 


令和3年4月、コロナ禍ですが、お見舞い帰省のついでに東伊豆を旅してきました。

<< 4月22日(木曜日)~26日(月曜日)の実家泊を含む4泊5日 >>

      2022 2021 2020 2019 2018 2017 2016
2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2005
2004 2003 2002 2001 2000 1999 1991 1990 1988 1986

 

 
CAMP REPORT 2021
この年の実施キャンプと年間予定
  12月 年越しキャンプは自粛
  11月 の~んびり4泊5日小淵沢でした。
  10~11月 紅葉と温泉をめぐる旅 1
  10~11月 紅葉と温泉をめぐる旅 2
  10~11月 紅葉と温泉をめぐる旅 3
  09月 RVP七里川と千葉の道の駅巡り
  08月 のんびり二泊:RVPみはらしの湯
  07月 外出自粛!
  06月 久し振りに奥久慈へ!
  05月 外出自粛!
  04月 の~んびりとRVパーク用宗
  04月 帰省ついでにRVP黒根崎
  03月 外出自粛!
  02月 鋸南に春を探しに行った。
  01月 年越しキャンプは、自粛!
お問合せは、こちら!
全レポートレポートメニュー 

[ MOTOR HOME PAGE ]

令和3年の、くるま旅日記!


CAMP REPORT 2021

カミさんのお袋さんが怪我をしたというので、そのお見舞いと、久々に変わった旅のアイテの走行性能と取り回しを確認すべく、箱根から伊豆方面の山岳ドライブを計画してみました。
仲間内でも「こんな非常事態の時期は遠慮しろよ!」という意見もありますが、所有するだけでも日々の経費が掛かっている以上、これを利用しないことに抵抗があるのも事実です。
 
PAGE-TOP ページの一番上へ!

2021年4月22日(木曜日)の、くるま旅レポート HOME



PM 14:30 ⇒ 夕方に「道の駅:伊東マリンタウン」を目標に出発した。

何を言ってもお出掛けする言い訳になってしまいますが、キャンピングカーを所有する者は不要不急のお出掛けすることが趣味であり、また、そこに多額の資金を注込んでいる!ということもあります。
この様な非常事態の時期ですので色んな意見や言い訳もありますが、三密を避け密集の無い所を選んでお出掛けしましたので、ご勘弁下さい。


PM 17:00 ⇒ 「箱根」にやってきました。

我が家を出発して伊豆半島を目指すには、東名から伊豆中央道経由で行く西回りの道と、湯河原や熱海を経由する東周りの海岸線を行く道、そしてもう一本!その真ん中の箱根から伊豆スカイラインを通って行く道とがあります。
今回は、キャンピングカーの走行性能を確かめたいということもありますので、山岳ドライブウェイとして名高い箱根のターンパイクから伊豆スカイラインを通って行くことにしました。
先ずは、我が家近くの羽田ランプから首都高に乗り、横浜新道、藤沢バイパス、西湘バイパスと乗り継いで、小田原市の早川からいよいよ箱根ターンパイクに入ります。
普通車ならここから大観山まで標高差1000m を一気に駆け上がります。
元々東急グループがリゾート開発で開通させた道でしたが、海外の投資グループや東洋ゴム、NEXCOやマツダと経営が点々として、現在は「アネスト岩田:箱根ターンパイク」となっているようです。
通行料金は、普通車¥730円ですが、一応料金所で「これマイクロ?」と聞かれますが、倍取られますので「いいえ!キャンピングカーですから普通車登録です。」と答えます。
まっ!皆様ご承知のようにキャンピングカーにとって勾配のきついこの道、ユーロスター(カムロード)ですと、1速と2速の繰り返しですが、コースターは何とか2速キープで登ってくれます。
もう一本の箱根新道が無料になっていることもあり、大観山に昇りつくまでに対向車に一回、前後に車は見当たりませんでした。これではまた経営が変わりそうですね。


PM 18:00 ⇒ 「伊豆スカイライン」夕日と富士山のコラボ小休止です。

写真でお分かりのように、この道には絶景ポイントが幾つもありますので大好きな道なんですが、この道は伊豆半島方面に行くために利用するのが目的ならば、決して近道とは言えません。
あくまでも、景色の良い気分爽快な観光道路です。


PM 19:00 ⇒ 今夜お世話になる「道の駅:伊東マリンタウン」にやってきました。

の~んびり走ってきましたので、我が家から3時間半ぐらい?今夜の宿に現着です。
我が家はこの道の駅の「伊豆太郎」の大ファンでして、これを楽しみにここへやってきます。しかし、感染対策は十分に施されているでしょうが、このご時世ですから今夜は何品かテイクアウトして車内で頂きます。
また、この道の駅には日帰り温泉施設もあり、この時間はもう割引サービスの時間帯だと思いますが、出発前に我が家でシャワーを浴びてきましたので、今夜はパスです。
PAGE-TOP ページの一番上へ!

2021年4月23日(金曜日)の、くるま旅レポート HOME



AM 06:00 ⇒ 「道の駅:伊東マリンタウン」の朝。

朝方、トイレに起きてキャンカーの外に出ると、どうです!素敵な朝日に遭遇しました。

本日の目的地は稲取にある「RVパーク:伊豆黒根岬」で、ここからだと1時間ぐらい?でしょう。
チェックイン出来る12時まで時間がたっぷりありますので、午前中は目の前にあって朝の8時半からやっている「メガドンキー」にお昼のお弁当や夕食の食材を買い出しに行きましょう。


PM 00:00 ⇒ 「RVパーク:伊豆黒根岬」現着です。

チェックインしましたが、今夜は貸し切りだそうです。オーナーによると昨日は凄く強い風が吹いていたととの事でしたが、本日は暖かく穏やかな陽気です。 (^ _ ^ ) V


PM 15:00 ⇒ 英ちゃん情報の「伊豆稲取:細野高原」に蕨取りに来ました。

RVパークから10分ぐらい?という情報でしたが、多分カムロードでは登れない?カモ?という急な登り坂を約30分、エンジンが焼けて少し焦げ臭くなった頃、高原リゾートに到着です。

稲取の山の上がこんなに開発されていたとは思いも寄りませんでしたが、三筋山という小高い山の麓一帯にハンググライダーのコース、ゴルフ場、キャンプ場などが配置されていて、私達の来たこの一帯は右上の写真にあるようにハイキング・トレッキングコースにもなっています。
通常、この山菜取りの季節は有料の施設になっているらしいんですが、コロナ禍でもあり?人が来ないこともあり?理由は定かではありませんが、無料開放されていました。

右上の収穫写真でお分かりのように、まだ少し早いのか?細い物や小さな物が多かったです。


PM 16:00 ⇒ 伊豆といえばお楽しみは温泉ですね。

さて、収穫の後は温泉に行こうとRVパーク近くの「伊豆稲取スポーツヴィラ」へやってきましたが、今日は女性しかお風呂に入れない日?なんだそうで、残念。
仕方なく稲取の海岸まで降りて「RVパーク用宗」のオーナーに教えてもらった日帰り温泉もやっているという「スパリゾート竜宮の使い」に来ましたが、ナンと!こちら、本日はお休みです。
仕方なく、スマホで近くの日帰り温泉を検索すると、熱川に「花いっぱい温泉」がヒットしました。が、ナンとここはもう既に閉店していて営業していない。
この先の北川や大川にも温泉はありますが、道が狭いのでパス!もう少し先に行けば駐車場の広いDHCの「赤沢日帰り温泉館」「伊豆高原の湯」は、来る時に確認していますので確実に営業しています。
今回は、カミさんのリクエストで、最近泥湯を始めたという「伊豆高原の湯」に行こうと思います。
温泉から上がり、RVパークに戻ると本日は終了です。オーナー夫妻も、もう一軒営業している「RVパーク:みどりの村」の方へ行かれたようです。という訳で、本日はここ貸し切り~!
PAGE-TOP ページの一番上へ!

2021年4月24日(土曜日)の、くるま旅レポート HOME



AM 07:00 ⇒ 穏やかな朝の光に包まれて、朝食です。

ここの施設は国道135号の道路際ということもあり、道を走る車の走行音がかなり気になると思うでしょうが、一時間ほどいれば慣れてしまいますし、窓を閉めて寝れば夜間に走行する車は少ないので、殆ど気になりませんでした。


AM 10:00 ⇒ 「道の駅:天木越え(昭和の森)」に立ち寄りです。

ゆっくりと朝食した後、河津から天城方面に入り、「河津七滝ループ橋」や「天城トンネル」を経て「道の駅:天木越え(昭和の森)」にて小休止です。
道の駅の名物という山葵ソフトを頂き、昭和の森会館を見学し中庭を散策しました。

伊豆天城の観光地や見所が集中するこの辺りですが、続いてやって来たのは石楠花の見頃を迎えたこの写真、「天城グリーンガーデン」です。


PM 00:00 ⇒ 「道の駅:伊豆月ヶ瀬」ここで丁度お昼です。

伊豆縦貫道の開通と共に新しく出来たSA兼用の道の駅ですが、いつも満車で大型のスペースにも普通車がいつも止まってます。我が家の車は普通車枠に入り切らないので大型枠の空くのを暫し待ちます。
ここの道の駅は山の中にあるにも関わらず、お弁当やレストランで海の幸が豊富に取り揃っているので人気なんですね。我が家も海鮮丼弁当を買いましたが、旨かったです。
さあ、この後はカミさんの実家のある中伊豆に向かいます。では・・・また。


■ 横浜新道 ■ 西湘バイパス
■ アネスト岩田:箱根ターンパイク ■ 伊豆スカイライン
■ 道の駅:伊東マリンタウン ■ 伊豆太郎
■ RVパーク:伊豆黒根岬 ■ 伊豆稲取:細野高原
■ RVパーク:みどりの村 ■ 伊豆稲取スポーツヴィラ
■ 伊豆高原の湯 ■ スパリゾート竜宮の使い
■ 赤沢日帰り温泉館 ■ 天城グリーンガーデン
■ 道の駅:天木越え(昭和の森) ■ 道の駅:伊豆月ヶ瀬

PAGE-TOP ページの一番上へ!

前のページへ戻ります。 キャンプレポートのメインメニューへ! 順路 ⇒ 4月の愉快なRVP用宗キャンプレポートへ!
表紙へ! ご挨拶とお知らせのページです。 世界にたった一台!ハンドメイドのキャンピングカー! このページです。 初めてキャンピングカーでするキャンプのアドバイス! キャンプとキャンピングカーの情報リンク 我が家のキャンピングカー列伝! サイトマップはこちらです! お問合せメールはこちら!

[ MOTOR HOME PAGE ]  SINCE 1996 / Copyright(C) Katsumi Horiguchi all rights reserved /